2004年3月7日に日本を発ち、2005年3月8日にオーストラリアから帰国したオーストラリアワーキングホリデー体験談

2004年3月7日にワーキングホリデーでオーストラリアのシドニーに旅立ちました。当時、29歳。20代で海外で働く経験を持ちたいと思っていたので、ワーキングホリデービザを取得しました。

ワーキングホリデービザは30歳までに取得しなければならないという年齢制限があるので、けっこうギリギリでした(笑)。

ちなみに、オーストラリアの場合は、30歳代にワーキングホリデービザを取得すれば、出発が31歳になってもワーキングホリデーで海外に行くことができます。


ワーキングホリデーって何?

ワーキングホリデーとは、簡単に言うと、その名の通り「ワーキング(外国での仕事)」と「ホリデー(外国での休暇、つまり旅行ですね)」をしながら、海外生活が経験できる制度です。

ここで、ワーキングホリデー(通称ワーホリ)の特徴をまとめてみたいと思います!

ワーホリビザ取得には年齢制限がある

基本的に18歳〜30歳までのうちにワーキングホリデービザを取得する必要があります。年齢制限は国によっては25歳までになります(イギリスとアイルランド)。

ワーキングホリデー対象国

2007年5月の段階では、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、フランス、ドイツ、韓国、アイルランドの8カ国になります。

仕事をして給料がもらえる

留学や旅行では海外で仕事をして給料をもらうことができませんが、ワーホリならそれが可能です!ネイティブと一緒に働くこともできますし、旅行をしながら、お金がなくなったら仕事をしてお金を貯めて、また旅行をするといったスタイルもとることもできます。

ただし、同一雇用主の下で働ける期間に制限があります。僕がワーホリをしていた2004年〜2005年のオーストラリアでは、同一雇用主の下で3ヶ月以内なら就労可でしたが、現在では、6ヶ月以内に変更したようです。

期間は1年間

ワーホリの期間は1年間です!ちなみに、僕は2004年3月7日に日本を出発し、同日にシドニー着。そして、2005年3月7日にシドニーを発ち、翌8日に日本に帰国しました!本当に丸1年です(笑)。

1年もあれば、なんでもできます!例えば、最初の3ヶ月を語学学校で英語の勉強、次の3ヶ月を仕事。次の3ヶ月でオーストラリア大陸一周のラウンド旅行。残りの3ヶ月は適当に!(笑)

ただし、終わってみると、1年ってあっという間です!しっかり、旅立つ前に計画を練って下さいね!当サイトも多少は参考になるかも。。

眼が悪い人は

眼が悪い人はワーホリに行く半年以上前からレーシックで視力回復をするといいと思います。コンタクトは面倒ですし、向こうのコンタクトは目に合わない可能性もありますから。
レーシックで視力が0.08から1.5に回復した体験談が参考になります。


当サイトのコンテンツ一覧

オーストラリアってどんな国?

オーストラリア最新ニュース

シドニーでの生活

ワーキングホリデー出発前の準備

ワーキングホリデー経験者インタビュー

最低限、知っておきたい英会話

最短でやる!英語学習法

現地での部屋探し(最難関!)

お勧めサイト

人気記事ランキング

1位:帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事

2位:海外ドラマで英語脳を鍛える

3位:部屋探しの際に知っておきたい英語


体験者が語る
ワーキングホリデー

kuzuさん(29歳女性)
もし、迷っているいるなら絶対にワーホリに行った方がいいですっ!
シノブさん(悩める26歳女性)
Coming Soon!

短期間でしっかり英語を学びたいなら質・価格ともに今ならフィリピンのセブ島でしょうね。

ワーホリ、留学なんでもオーストラリアのことならおまかせ! »
・ワーホリや語学学校の手続き代行
・ホームステイの手配
・オーストラリア留学を現地から支援
・無料で留学相談や入学手続を代行